有用な債務整理の手続き

特定調停という方法も任意整理とほぼ同じくそれぞれの債権を有する者への借金の返済を続けることを選択した借金を整理していく手だてとなります。

 

わかりやすくいうならば裁判所がやる負債整理となります。

 

任意整理による解決と似ていて、破産と違ってある部分だけの負債だけを処理することができるため他の保証人が付いている負債を別として検討したい際やマンションのローン以外について検討していく際等においても申請することも良いですし、全ての財産を処分することは要求されていないため有価証券資産を持っているものの、放棄したくない状況であっても有用な債務整理の手続きとなっています。

 

今後返済が必要となる額と現実の手取り額を比較しある程度完済が見通せるようである場合は特定調停の手続きを取ることが可能ですが、自己破産手続きと違い借金そのものがなくなるという意味ではありませんので借入金の総額が大きい場合には、手続きを踏むのは困難になると判断することになるでしょう。

 

いっぽう、この特定調停は裁判所が介在しますので司法書士事務所などにゆだねなくても不利になってしまうことはないということとか金額を低くおさえられるという益は注目できますが、貸方からのきびしい取り立てに債務者自らが説明していく必要がある点とか文字通り裁判所に幾度も顔を出すことになるなどの要素もあります。

こんなことありました。

さらに、任意整理と比べてのことですが和解が成立しないときには利息をすべて付けた額で支払っていかなければならないということや結果としては債権を持つものへ返済する合計が任意整理による手続きより割が合わないことがあるというような点もあります。


次の記事も読んでね!!

  1. 原理原則
  2. 有用な債務整理の手続き